「Passion Class」子供が好きなことに熱中できる教室

子供の"好き"を伸ばす教室 @柏たなか&柏の葉キャンパス

子供の夢を叶えるために、親がすべき応援とは?

子供の夢を叶えるために、親がすべき応援とは?

こんにちは、大林プロフィールはこちらです。

親としては、「子供の夢が叶うように、応援してあげたい!」と思いますよね。

ただ、具体的に何をすればいいのか?と言うと、パッと思いつかないことも。

そこで、そんな悩みを解消するヒントとして、「道順を知っている人に聞く」というポイントをお話します。

なぜ、東大の親の子供は、東大に入りやすいのか?

子供の夢の話をする前に、一つ考えてほしいことがあります。

「親が東大卒だと、どの子供も東大に入るケースが多い。」

これは何故でしょうか?
親がもともと頭が良くて、それが遺伝したのでしょうか?

確かに、遺伝の影響も一部あるのかもしれませんが、私は、真の要因はそこではないと思います。

では、何が真の要因なのか?と言いますと…

答え:「東大に入るために、何をすればいいか?知っているから」

そう。

親が東大卒ということは、その親は「東大に入るには、コレとコレとコレをすればいい」ということが、何となくでも分かっているのです。

言葉を変えれば、「東大に入る道順を知っている」のです。

なぜ、東大の親の子供は、東大に入りやすいのか?

「頭がいいから」とかではなく、「東大に入るために、何をすればいいか?」を知っているから、子供にもそれを伝えることができる。
だからこそ、子供も東大に入りやすくなる。

私は、そう思っています。

つまり、「できるかできないか」ではなく「知っているか知らないか」が大事なんですね。

旅行に例えてみれば、初めて行く旅行先は不安なのもですが、一度でも行ったことがある人と一緒に行くと、安心ですよね。

それと同じようなものです。

(余談)なぜ私が早稲田大学に入れたのか?

私は、早稲田大学の理工学部に、指定校推薦で入学しました。

ではなぜ、私が指定校推薦で早稲田に入れたのか?

それには、以下のような理由があったのです。

  • 私の姉(5歳上)が、東葛飾高校に通っていた
  • 東葛飾高校には、早稲田大学への指定校推薦の枠があることを、姉に聞いて知っていた
  • 定期テストは、授業で習ったところがメイン。コツコツ頑張っていれば、上位に入ることはできるということを、姉に聞いて知っていた

だからこそ私は、東葛飾高校に進むことを選び、定期テストをコツコツ頑張りました。

結果、早稲田大学への指定校推薦を得られた、ということだったのです。

これも、知らなければ、普通に受験戦争に巻き込まれていたと思います。

姉には、本当に感謝です。

子供の夢を応援するには、「道順を知っている人」を一緒に探そう

そしてこれは、子供の夢を叶える時も同じだと、私は思います。

つまり、子供の夢をすでに叶えた人に、道順を聞けばいいのです。

(例)子供が「宇宙飛行士になりたい!」なら

子供が「宇宙飛行士になりたい」という夢を持っているなら。

宇宙飛行士になる道順を知っている人を探して、話を聞いたりすればいいわけですね。

例えば、以下のような方法が考えられます。

  • 宇宙飛行士の方の講演会を探して、話を聞きに行ってみる
  • JAXAなどが開催している、子供向けの宇宙関連プログラムに参加する
  • 博物館などで宇宙について知る

(例)子供の「宇宙飛行士になりたい!」という夢を応援するには

先日、つくばエクスプレスの電車内のつり革広告に、こんなものがありました。

つくばエクスプレスの電車内のつり革広告

こういったイベントに参加するのも、いい方法だと思います。

(余談)なぜ私が起業できたのか?

またまた私事ですが、私は、大学卒業直後に起業して、会社を立ち上げています。

なぜ私は、社会経験も乏しい中で、起業できたのか?

それには、以下のような理由があったのです。

  • 起業して成功している方のメルマガを読んでいた
  • その方に直接メールして、「弟子入りさせてください」と志願した
  • 机を並べさせてもらって、仕事の進め方などを現場で学べた

こういった経緯があったからこそ、起業できました。

この時お世話になった先輩起業家さんには、本当に感謝感謝です。

夢への道順を、一緒に考えるのもGood

お子さんが大きくなってきたら、夢への道順を、一緒に考えるのも良いと思います。

プレジデントファミリー2018秋号では、以下の「アクティブ・ラーニング」の手法がお勧めされていました。

  • (手順0)大目標をたてる(つまり、達成したい夢を決める)
  • (手順1)大目標のために、やったほうがいいことは何か? 子供がピンクの付箋に書く
  • (手順2)何のために1をやるのか? 子供が緑の付箋に書く
  • (手順3)具体的な行動を、子供が青の付箋に書く
  • (手順4)大人がサポートして提案したり、検索して、青付箋を増やす
  • (手順5)1か月以内にやることを2つ決める

※詳細は、プレジデントファミリー2018秋号をご参照ください。

アクティブ・ラーニングとは?

「授業を聞くだけ」のような、受動的な学びではなく、学ぶ側が主体的(能動的)に行動して学んでいくこと。

例えば、子供の大目標(夢)が「ロボットを作りたい!」であれば、以下のように進んでいくイメージです。

(手順0)大目標をたてる ロボットを作りたい!
(手順1)大目標のために、やったほうがいいことは何か? ロボットコンテストで優勝したら、夢に近づきそう
(手順2)何のために1をやるのか? 資金を集めるため。
ロボットについて知るため。
(手順3)具体的な行動を、子供が青の付箋に書く まずは、簡単なロボットを作ってみよう
(手順4)大人がサポートして提案したり、検索して、青付箋を増やす プログラミングも勉強してみたらいいんじゃない?
(手順5)1か月以内にやることを2つ決める プログラミングの本を買う。
簡単なロボットキットを買って、まず作ってみる。

「実際に夢が叶うかどうか?」より、重要なこと

子供が小さい頃は、どんな夢でも、大人はあたたかく見守ってあげられますよね。

例えば、「仮面ライダーになりたい!」「~~ちゃんなら、きっとなれるね!」のように。笑

しかし、子供が大きくなるに連れて、親は現実を見せようとしてしまうもの。

例えば、

  • 「宇宙飛行士になりたい」⇒「狭き門なんだから、やめておきなさい」
  • 「ダンサーになりたい」⇒「ダンスじゃ食べていけないでしょ」

のように。

(これも、親が意地悪なのではなくて、子供を想ってのことなんですよね)

ただ、実は、「実際に夢が叶うかどうか?」は、そこまで重要ではないと、私は思っています。

それ以上に大事なことがあるのです。

それは…

「自分で主体的に動いて頑張った」という経験は、人間力を育てる

仮に、宇宙飛行士になりたい!と言って頑張っても、宇宙飛行士にはなれないかもしれません。

また、途中で別の夢が出てきたりするかもしれません。

でも、それでいいのです。

「自分で主体的に動いた」「自分の理想に向かって頑張った」という経験が大事なのです。

言葉がアレかもしれませんが、極論すると、「夢が実際に叶うかどうかは、どちらでもいい」のです。

極論すると、夢が実際に叶うかどうかは、どちらでもいい

こういった経験を通じて、非認知能力が磨かれていきます。

非認知能力とは

IQや学力テストなど、数字で測定できる能力を「認知能力」と呼びます。

一方、以下のような、数字で測定できない能力を「非認知能力」と呼びます。

  • 思考力
  • コミュニケーション能力
  • やり抜く力(GRIT)
  • 目標達成能力
  • 判断力、など

文部科学省の新学習指導要領(2020年より施行)でも、この非認知能力が重要視されています。

非認知能力は、言わば「人間力」です。

ITやAIが加速度的に発達している今の時代。

これまでの学力偏重の学びでは、社会で活躍できるようにはなれない(極論、幸せになれない)でしょう。

子供が目指したい夢を妨害するのは、子供が「勉強したい!」と言っているのを止めるようなものだと、私は思っています。

否認知能力が伸びれば、自ら主体的に行動できるようになります。

学力が伸びる土台になりますし、将来的に、いろいろな分野で活躍できる下地になります。

そういった意味で、子供の好きなこと・やりたいことは、積極的に応援してあげたい!

そう思っている次第です。

※以下の記事も参考になると思います。
>> のびのび子育てのポイントは、「ワクワク」にあった。その理由×3

まとめ

いかがでしたでしょうか。

子供は、親とは違う、一人の人間です。

親の価値観ではなく、子供の価値観を尊重し、それをサポートできる親になりたいなと、私は思っています。

参考になれば幸いです^^

ブログを、移転しました

この度、ブログを移転しました。

>> 新たなブログはこちら

今後ともよろしくお願いいたします^^

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*