「Passion Class」子供が好きなことに熱中できる教室

子供の"好き"を伸ばす教室 @柏たなか&柏の葉キャンパス

【実録】子連れお泊りディズニー(一泊二日):お勧めホテルなどポイント×8まとめ

【実録】子連れお泊りディズニー(一泊二日):お勧めホテルなどポイント×8まとめ

こんにちは、大林プロフィールはこちらです。

先日、息子2人(2歳8ヶ月 & 10ヶ月)を連れて、一泊二日のお泊りディズニーに行ってきました。

「子連れだと、こんなことに気をつけたほうがいいのか…!」
など、実際に行ってみて気づいた点をシェアします。

同じように、子供連れでディズニーに行く方の参考になれば幸いです^^

子連れお泊りディズニー:ポイント×8

まずはじめに、今回のお泊りディズニーで実施したこと&気づいたポイントをご紹介します。

その後、実際の一泊二日の全行程をご紹介しますね。

(1)ホテルは隣駅(新浦安)の「オリエンタルホテル東京」が絶対お勧め

今回宿泊したのは、浦安の隣駅(新浦安)にある、「オリエンタルホテル東京」でした。
(素晴らしいホテルを見つけてくれた妻に感謝…!)

子連れお泊りディズニーなら、オリエンタルホテル東京がお勧め

部屋は、キディスイート「ミルフィーユ」でした。

オリエンタルホテル東京の部屋:キディスイート「ミルフィーユ」

このホテル、何がいいのか?と言うと、「子供への配慮が凄まじい」のです。

以下、このホテルのポイントをご紹介します。

靴を脱ぐので、赤ちゃんもハイハイできる

まず嬉しかったのが、「部屋の床がコルク床で、靴を脱いで過ごせる」ということ。

入り口で靴を脱ぐので、赤ちゃんもノビノビとハイハイできる

10ヶ月の次男は、この時まだハイハイだったので、これは嬉しい。

ベッドと部屋をカーテンで仕切れる

ベッドと部屋の間に、こんなカーテンがついています。

ベッドと部屋をカーテンで仕切れる

このカーテンのおかげで、子供が寝た後、大人はゆっくり話せます。

絵本やおもちゃを貸してくれる

ママサロンというところで、絵本やおもちゃを貸してくれます。

このおかげで、子供が部屋でも飽きません。

ママサロンの様子は、以下のような感じです。

ディズニーランド・シーへの直通バスがある

オリエンタルホテル東京は、ディズニーのパートナーホテルなので、直通バスが出ています。

ディズニーランド・シーへの直通バス(無料)

出発も帰りも、このバスで楽々です。

ロビー階にコンビニあり

ホテルの中にコンビニがあります。

ホテルのロビー階に、コンビニ(ローソン)があります

1日目にホテルに帰ってきた時に、夜食を買ったり、翌日の朝ごはんを買ったりもできて、便利です。

電子レンジあり

客室と同じフロアに、電子レンジがあります。

電子レンジは、あるとなにげに助かります

翌日の朝食をここで温めることもできて、便利です。

ホテルの写真一覧

(2)食事は、「食べ歩きできるもの」がベター(テーブルに座らないほうがいい)

今回、2日間の食事は、ほぼ「食べ歩きできるもの」にしました。
これは大正解でした。

子供の年齢にもよりますが、テーブルについて食べる、というのは、子供にとっては飽きてしまうものです。

  • 子供が飽きて遊びだすと、大人もその対応をしなければならない。
  • 周りのゲストへの迷惑にならないようにしなければならない。
  • 結果、大人が疲れる…。

こうならないためにも、食べ歩きできるものがベターです。

例えば、以下のようなものですね。

  • ホットドッグ
  • サンドイッチなどのパン系
  • ピザ
  • スモークターキーレッグなどの肉系(←タンパク質を取りたい方はぜひ)
  • チュロスなどのスナック系

外で食べていれば、子供も飽きづらく、声の大きさなども気にならないです。

(3)昼食は10:30、夕食は17:00。早め早めの行動が吉

子連れでも、子連れじゃなくても、ディズニーでのご飯は、早め早めの行動が吉です。

さっきまで空いていたのに、いきなり混み始めた!なんてこともしばしばです。

お勧めは、「昼食は10:30にはお店に入る」「夕食は17:00にはお店に入る」です。

(4)大人も、適度に休もう

子供がお昼寝したら、大人も休憩タイムにしましょう。

一泊二日だと、大人もさすがに体力的に大変なので、適度に休んだほうがいいです。

(5)携帯できる椅子があるとGood

今回、こんな「携帯できる椅子」を持っていきました。
(モンベルなどに売っています。)

携帯できる椅子(折りたたんだバージョン)

携帯できる椅子(開いたバージョン)

ショーやパレードを待っている時に、子供も座れますし、大人も座れます。

折りたたみ傘くらいの重さなので、持ち運びも苦にならないです。

(6)気温対策は必須

今回行った日は、気温が30度前後の、とても暑い日でした。

  • 帽子
  • タオル
  • 子供の着替え(汗かいたり、ショーやパレードによっては水をかぶったりするため)
  • 扇子

こういった物があると便利です。

逆に、夜になると結構涼しくなります。
なので、上着なども準備していったほうがいいですね。

※冬は、逆に防寒対策をしっかりと!

(7)赤ちゃんもハイハイできるスペースを活用

10ヶ月の次男は、まだ歩けないので、ベビーカーに座ったまま。

ただ、さすがに2日間ずっとベビーカーに座っていたら、それは息子にとってもストレスです。

そこで、適度に、赤ちゃんもハイハイできるスペースに行くのがお勧めです。

大人も一息つけて、休憩できるのでいいです。

(8)車で行くか?電車で行くか?

交通手段も、意外と重要です。

うちの息子たちは、車で機嫌が悪くなると、結構大変です。
車という狭いスペースで泣かれると、大人も精神的にまいってしまいますし、出来ることも限られます。

なので、今回は電車で行くことにしました。

これも正解で、移動中にグズっても、抱っこしたり、お菓子を食べさせたり、いろいろできました。

子連れお泊りディズニー:一泊二日の全行程

では以下、一泊二日の全行程を、順番にご紹介します。

当日のスケジュールを立てるうえでの参考にしていただければ幸いです。

1日目:家を出発!まずはホテルへ

(6:50)ホテル到着

この日は8:00にディズニーランドがオープンする予定だったので、早めにホテルに到着。

チェックイン手続きを済ませ、荷物も預けました。

チェックイン手続き&荷物を預けました

チェックイン時に「オモチャも部屋に入れておいて頂けますか?」とお願いしたところ、「いくつか見繕ってご用意しておきますね」と対応してくれました。

(7:15)バスに乗り、ディズニーランドへ向かう

直通バスに乗って、いざディズニーランドへ!

無料のシャトルバスで、いざディズニーランドへ!

ミッキーバスに乗れて、息子も嬉しそうでした^^

1日目:いざ、ディズニーランドへ!

(8:00)入園

いざ入園。

ディズニーランドに到着、入園!

Today(その日のおすすめメニューやグッズが載っています)も忘れずに受け取りましょう。

(8:10)イッツ・ア・スモールワールドへ

イッツ・ア・スモールワールドがリニューアルオープンしたばかりだったので、最初に行ってみました。

リニューアルされた、イッツ・ア・スモールワールド(外観)

リニューアルされた、イッツ・ア・スモールワールド(内観)

リニューアル直後なので、ファストパスはプーさんのファストパスと同じ発券機で発券されています。

注意なのが、イッツ・ア・スモールワールドのファストパスは「10時から」という点。
なので、10時前に入りたいのであれば、並んで入りましょう。

この時点で、とりあえずプーさんのファストパスもゲット。

(8:45)トゥーンタウンの「トゥーンパーク」へ

イッツ・ア・スモールワールドの後、「次男もノビノビ遊びたいだろう」ということで、トゥーンタウンのトゥーンパークへ移動。

トゥーンタウンの「トゥーンパーク」は、ハイハイの赤ちゃんも楽しめます

次男(10ヶ月)も、トゥーンパークを満喫

赤ちゃんもハイハイできるので、楽しそうです。

近くのお店で、ポップコーンやドリンク、骨付きソーセージを買い、大人も少し休憩。

骨付きソーセージなどで、ちょっと休憩

ポップコーン(キャラメル味)が大好きな長男&妻

長男(2歳8ヶ月)は、ドナルドのボートや、ミニーの家を走り回っていました。

チップとデールの家

ドナルドのボート

ミニーの家

(10:00)スーパードゥーパー・ジャンピンタイムに移動

長男が、スーパードゥーパー・ジャンピンタイムというショーが大好きなので、移動。

スーパードゥーパー・ジャンピンタイム(1回目)は、立ち見

※スーパードゥーパー・ジャンピンタイムは、2018年7月8日に終了します。残念。

(10:30)スーパードゥーパー・ジャンピンタイム開始

スーパードゥーパー・ジャンピンタイムがスタート!

スーパードゥーパー・ジャンピンタイム(1回目)がスタート!

この回は、到着が遅かったので、立ち見でした。

(11:00~12:30)次のスーパードゥーパー・ジャンピンタイム待ち

2回目の回が12:30からだったので、その時間まで少し時間が空いてしまいました。

  • 私と長男で、一緒にお昼ご飯を買いに行ったり、パレードを見たり。
  • 妻と長男で、そのへんをグルっとお散歩してきたり。

パパママが交代交代で動いていました。

ディズニーランド35周年:昼のパレード「ドリーミング・アップ!」の様子は、こんな感じでした。

お昼ご飯は、食べ歩きできるホットドッグなどをチョイス。

食べ歩きできるホットドッグなどがベター

(12:30)スーパードゥーパー・ジャンピンタイム開始(2回目)

そして2回目がスタート。

スーパードゥーパー・ジャンピンタイム(2回目)

待ったので、座って近くで見れました。

(13:15)子供はお昼寝、大人は休憩

スーパードゥーパー・ジャンピンタイムが終わったタイミングで、電池が切れたのか、長男がお昼寝開始。

そしてなんと、次男も同じタイミングでお昼寝開始!

こんなことは滅多にないので、妻と一緒に休憩タイムにすることに。

プラズマ・レイズ・ダイナーで、ドリンクと軽食。

プラズマ・レイズ・ダイナーの「グローブシェイプ・チキンパオ」「ヨーグルトムースケーキ」で休憩

(14:30)まだお昼寝続行。

長いお昼寝だったので、大人はまだまだ休憩タイム。

ちょっと移動して、カフェ・オーリンズで買ったドリンクで一息。

カフェ・オーリンズで買ったドリンクで一息

ちなみに、以下の場所は、木陰になっていて涼しく、人通りも少ないので、子供がお昼寝中の休憩にはもってこいでした。
(アドベンチャーランドと、シンデレラ城を結ぶ道の途中です)

ディズニーランドで、子供がお昼寝した時の、お勧め休憩スポット(屋外)

(15:00)お昼寝から起床。ウェスタンリバー鉄道へ。

ここで長男&次男が起床。

長男が大好きなウェスタンリバー鉄道に行きました。

長男が大好きなウェスタンリバー鉄道へ

(15:50)ファストパスで、プーさんのハニーハントへ(妻は、夜ご飯を買いに)

ここで、ファストパスを使って、私と長男はプーさんのハニーハントへ。

ファストパスで、プーさんのハニーハントへ

妻はその間に、次男をつれて、夕食のお店に場所取りに行ってくれていました。
感謝!

(16:20)パン・ギャラクティック・ピザ・ポートへ

ちょっと早めですが、夕食。

妻が席をとっておいてくれたので、座って食べれました。

夕食も、食べ歩きできるピザをチョイス。

パン・ギャラクティック・ピザ・ポートで、早めの夕食

これなら、子供が飽きて、すぐ移動することになっても大丈夫です。

(17:00)オムニバスへ

シンデレラ城の前を走っているオムニバスに乗りました。

(17:30)コーヒーカップ×3回

その後、私と長男でコーヒーカップへ。

コーヒーカップ3回連続

長男はコーヒーカップにハマったのか、3回連続で乗りました。

(18:20)蒸気船マーク・トウェイン号へ

蒸気船マーク・トウェイン号に乗船。

(18:55)再び、プーさんのハニーハントへ

夜のエレクトリカルパレードまで少し時間があったので、私と長男は、再びのプーさんのハニーハント。

再びのプーさんのハニーハント

この間、妻は次男と一緒に、エレクトリカルパレードの場所取りに。
なんて出来た妻なんだ…!

(19:40)城前でエレクトリカルパレードを鑑賞

長男&次男は、人生初のエレクトリカルパレード。

エレクトリカルパレードを満喫

エレクトリカルパレードのミッキー&ミニー

「キラキラだね!」と楽しそうでした^^

1日目:ディズニーランド退園⇒ホテルへ

(20:15)退園、バスでホテルへ

エレクトリカルパレードが終わってすぐに退園。

バスでホテルに戻りました。

(20:30)ホテルのコンビニで買い出し

ちょっとした夜食と、翌日の朝ごはんを買い出し。

ホテルのコンビニは、かなり広めで、品揃えも豊富です

息子たちは、帰りのバスで爆睡してしまったので、妻と久しぶりのデート気分でした。

(20:50)ホテルの部屋に到着

ホテルの部屋は、こんな感じでした。

オリエンタルホテル東京の部屋に到着

おもちゃも、ちゃんとお部屋に入れておいてくれました。

おもちゃもあって嬉しい

(21:30)お風呂に入り、大人の時間、かと思いきや起床する次男

お風呂に入り、ベッドのカーテンも閉めて、先程買った夜食で大人の時間を…

子供は寝たので、妻とゆっくり話そうと思いきや…

と思いきや、なぜか起きる次男。笑

いきなり目覚めて、遊び始める次男。

(22:30)就寝

明日もあるので、就寝。

2日目:ホテルにて朝食

(5:20)長男&次男が起床。早すぎる。笑

早起きが取り柄の長男&次男。

この日もなんと、5:20に起きる早起きっぷり。

開園まで時間が余りすぎているので、ホテルの中を探検したり、ホテル周辺をお散歩。

ホテルの中を探検したり

ホテル内のコンビニに行ったり

新浦安駅の周辺を散歩したり。

(6:30)ホテルの部屋で朝食

前日、コンビニで買っておいた朝食を部屋で食べました。

ホテル内にレストラン(ビュッフェ)もあるのですが、

  • 子供がまだ小さいため、落ち着いて食べれない
  • というか、食べた気がしない
  • 逆に疲れて終わるだろう

ということで、部屋で食べたのですが、正解だったと思います。

ちなみに、電車が見える部屋だったので、電車好きな長男は、とても喜んでいました。

電車が見える部屋だったので、長男も大喜びでした

(7:30)荷物を自宅へ配送

荷物を持って移動は大変なので、ホテルから自宅へ配送手続き。

荷物をまとめて、自宅へ配送

(7:45)バスに乗り、ディズニーシーへ向かう

チェックアウトは、ドアノブに札をかけておくだけでOK。

チェックアウトも楽々

いざディズニーシーへ!

2日目:ホテル⇒ディズニーシーへ!

(8:30)ディズニーシーへ入園、と同時に何故か寝る長男

いざ入園!

ディズニーシー入園と同時に、なぜか寝てしまった長男

というタイミングで、なぜか長男が寝てしまいました。

(前日の疲れが残っていたのかもしれませんね)

なので、とりあえず次男を遊ばせようと、マーメイドラグーンへ。

(9:00)アリエルのプレイグラウンドを満喫する次男

長男が寝ている間に、次男はアリエルのプレイグラウンドを満喫。

アリエルのプレイグラウンドを満喫する次男

と、ここでやっと起きた長男。

(10:00)ニモ&フレンズ・シーライダーへ

私と長男は、ニモ&フレンズ・シーライダーへ。
妻は、次男をつれてお散歩へ。

ニモ&フレンズ・シーライダーへ

私も初めて乗ったのですが、ニモの世界が間近で見れて、とても楽しかったです。

(10:30)アクアトピアへ

引き続き、私と長男はお隣のアクアトピアへ。

アクアトピアへ

コーヒーカップのようにくるくる回るので、長男も楽しそうでした。

(10:50)ちょっと休憩

妻が買ってきてくれた「リトルグリーンまん」で、休憩。

長男が食べたがっていた、リトルグリーンまん

ちなみにこのリトルグリーンまん、売っている場所は「マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー」という、ディズニーシーの入り口あたりにあるお店です。

「リトルグリーンまん」が売っている、「マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー」の位置

アクアトピアがあるエリアからだと、実はかなりの距離があります。
長男が「緑の変なお菓子(リトルグリーンまん のこと)が食べたい」と言っていたのを、妻が覚えてくれていて、私と長男がアトラクションでワーキャー言っている間に、わざわざ買ってきてくれていたのです。

感謝!

(11:10)エレキトリックレールウェイでアメリカンウォーターフロントへ

エレキトリックレールウェイでアメリカンウォーターフロントへ移動。

エレキトリックレールウェイでアメリカンウォーターフロントへ

電車好きな長男は、とても嬉しそうでした。

(11:30)ウォーターフロントパークで水遊び

ウォーターフロントパークでは、噴水のように水がピョンピョン出ています。

ウォーターフロントパークでびしょ濡れになる長男1

ウォーターフロントパークでびしょ濡れになる長男2

着替えも持ってきていたので、思いっきりびしょ濡れになった長男。

余談ですが、この2日間で一番の笑顔を見せてくれたのが、ここでした。笑
子供は、水が大好きなんですね。

(12:00)ポークライスロールやスモークターキーレッグで昼食

ポークライスロールやスモークターキーレッグで昼食。

スモークターキーレッグは、タンパク質をとりたい私に最適

食べ歩きできるフードは、ここでも大活躍です。

(12:30)再び、マーメイドラグーンへ

ここから再び、次男も遊びたいだろうということで、マーメイドラグーンへ。

歩くと結構な長距離ですが、なんとか到着。

長男は、ジャンピン・ジェリーフィッシュなどのアトラクションを楽しみました。

ジャンピン・ジェリーフィッシュ(暗くて、よく見えないですね…)

ブローフィッシュ・バルーンレース

(14:00)早めの退園

帰りの電車が混む&子供の体力のことを考えて、早めに退園。

ディズニー・リゾートライン(モノレール)で舞浜駅へ。

ディズニー・リゾートライン(モノレール)で舞浜駅へ

2日目:なぜか東京駅へ

(15:00)プラレールショップに到着

退園後、なぜか長男が「プラレールが欲しい」と言い出し、なぜか東京駅へ。

退園後、なぜかプラレールが欲しくなり、東京駅のプラレールショップへ

予想外の帰宅路でしたが、いい思い出になりました。

まとめると、妻最高!ということ。

以上が、一泊二日の全行程です。

この2日間をまとめると、妻の心配りが素晴らしかった!の一言に尽きます。

私はと言えば、長男とワーキャー言って遊んでいただけ、と言っても過言ではない。
男は、いつまで経っても子供ですね。

思えば、ディズニー前後の準備や後片付けも、全部妻がやってくれています。
私は、ホテルを予約したくらい。

本当に、感謝感謝の二日間でした。

では!

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*