「Passion Class」子供が好きなことに熱中できる教室

子供の"好き"を伸ばす教室 @柏たなか&柏の葉キャンパス

子供の強み・才能を伸ばす褒め方×3。事例も交えてご紹介します

子供の強み・才能を伸ばす褒め方×3。事例も交えてご紹介します

こんにちは、大林プロフィールはこちらです。

子供って、どうやって褒めたら良いんだろう?
褒めすぎると、調子に乗ってしまう(つけあがる)って聞いたんだけど…

親になると、こういった褒め方の悩みって、出てきますよね。

私も、同じように日々奮闘している親の一人です。笑

そこで、褒め方について、多くの本を読んだり、専門家の方の話を聞いたりしてきました。

そして自分自身でも、息子に対して実践してきて、「なるほど、こういう褒め方が良いんだな」というものが分かってきたので、今日はここでシェアしたいと思います。

良くない褒め方×2

子供の褒め方:よくない例×2

(1)結果だけ褒めてしまう

100点取れるなんて、すごいね!

こういった、結果だけを評価する褒め方は、良くないと言われています。

結果だけを褒められると、子供は「結果が出せないと、褒められない(自分には価値がない)」と思い込んでしまいます。

次に、同じような結果が出なかった時、「自分は結果が出せないから、ダメな人間だ」「結果が出ないなら、やっても無駄だ」と思ってしまう可能性があります。

(2)漠然と褒めてしまう

よく頑張ったね!
すごいね!
偉い!

こういった、漠然とした褒め方も、NGとされています。

何故かと言うと、子供がもう一度、その「すごいこと」をしようとしても、何をしていいかが分からないからです。

子供が「これを繰り返せば、また同じ成果を得られるんだな」と分かるように褒めてあげないといけない、ということですね。

子供の強み・才能を伸ばす褒め方×3

子供の強み・才能を伸ばす褒め方×3

(1:初級編)プロセス(行動)を褒めよう

先程、「結果だけを褒めるのはNG」というお話をしました。

ではどうすればいいか?
と言うと、「その結果を得るために行った、プロセス(行動)を褒める」とGoodです。

例えば、次のような感じです。

良くない褒め方(結果だけ評価) プロセスを褒める
子供が描いた絵を褒める時 上手に描けたね! すごくいいね!お花をよく見て、細かいところまで描いたんだね。
サッカーの上達を褒める時 シュートが入ってすごい! シュートが上手になったね!毎日、集中して練習を頑張ってるからだね

プロセスを褒めることで、子供は「細かいところを見て描けば、もっと上手に描けるようになるんだ」のように、やるべき行動がわかるようになります。

(2:中級編)Iメッセージを添える

会話には、

  • Iメッセージ(アイ・メッセージ)
  • Youメッセージ(ユー・メッセージ)

という2種類があります。

Iメッセージ(アイ・メッセージ)とは?

「私は、~~です」というのが、Iメッセージ(アイ・メッセージ)です。
主語が「私(I)」になっていますよね。

Youメッセージ(ユー・メッセージ)とは?

「あなたは、~~です」というのが、Youメッセージ(ユー・メッセージ)です。
主語が「あなた(You)」になっていますよね。

子供は、親がIメッセージを添えて褒めてくれると、凄く嬉しいものです。

例えば、以下のように。

Youメッセージだけ Iメッセージを添えると
自転車が上手に乗れるようになったね!毎日、パパと一緒に頑張ってたもんね。 自転車が上手に乗れるようになったね!毎日、パパと一緒に頑張ってたもんね。ママ、凄く嬉しいな。

子供は、親が喜んでくれると、もっと頑張ろう!と思うものです。

そういった意味で、Iメッセージは、とても大事なんですね。

(3:上級編)強み・才能を伝える

以前読んだ、ストレングス・スイッチという本に書かれていたことです。

この本には、「行動と一緒に、強みを交えて褒めると、その子が自分の強みを理解して、より効果的に発揮できるようになる」と書かれていました。

例えば、以下のような感じです。

創造力(強み)を発揮して思い切り発揮して、たくさんの色を使った(行動)んだね。

細かいところまで、すごく丁寧に書き込んであるわ(行動)。よく観察したからこそ(強み)、実物そっくりに描けたんだね。

疲れている時も、ゲームをやりたかった時も、粘り強く(強み)、テスト勉強を頑張ったね(行動)。

きちんと計画を立てる(強み)という自分のいいところを使って、放課後に先生に教えてもらうなんて(行動)、感心したぞ。だから、良い点が取れたんだな。

~参照:ストレングス・スイッチより~

こうすることで、子供が自分の強みを自覚できるようになって、次の行動がより良いものになっていくんですね。

大林家の事例「きれい好きだね」効果

これは、私が実践してみた事例なのですが。

息子3歳が、床掃除のお手伝いをしたがるのを見て、私が「床をキレイにしてくれて(行動)ありがとう!きれい好き(強み)なんだね」と褒めたことがあります。

この「きれい好き」というのが気に入ったのか、息子はいろんなことに「きれい好き」を当てはめるようになりました。

例えば、

  • お風呂や車の掃除も「きれい好きだから!」と言って、自分でやりたがる
  • ご飯の時も、「きれい好きだから!」と言って、ちゃんと全部食べる

のように。

息子3歳に、「きれい好きだね」と強みをフィードバックしたところ…

息子のいい部分をどんどん見出して、伝えていきたい。

そう感じたエピソードでした^^

調子に乗らないかな?という不安について

褒めすぎると、調子に乗ってしまう(つけあがる)のでは?

こういう不安、ありますよね。

これは、「結果だけ褒めて続けてしまった」時に、陥る可能性があるんだと思います。

例えば、テストで100点をとった子供に、「100点取れるなんて、賢いね!」と褒めたとします。

すると、子供としては「自分は賢いんだ」と悪い方向に勘違いしてしまい、勉強の手を抜いてしまう可能性があります。

そうではなく、先程お伝えしたように「100点取れたんだ!毎日、欠かさず勉強していたもんね。お母さん嬉しいな。継続力があるね。」と褒めるとGoodです。

この褒め方には、

  • 毎日、欠かさず勉強していたもんね。(プロセス・行動)
  • お母さん嬉しいな。(Iメッセージ)
  • 継続力があるね。(強み)

が含まれていますよね。

親の言葉がけは、子供にとってとても大きな影響力があるんですね。

あらためて私も、子供への言葉がけに気をつけようと思った次第です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一口に「子供を褒める」と言っても、子供だって一人の人間です。

当然、感じ方にも個人差がありますよね。

だからこそ、まずは親が意識して言葉がけして、自分の子供に合った褒め方を見つけていくことが大事なんだな、と思います。

参考になれば幸いです^^

ブログを、移転しました

この度、ブログを移転しました。

>> 新たなブログはこちら

今後ともよろしくお願いいたします^^

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*