「Passion Class」子供が好きなことに熱中できる教室

子供の"好き"を伸ばす教室 @柏たなか&柏の葉キャンパス

小学生が起業アイデアをプレゼン & ビジネス試作品作成:あんとれサンデー3日目

小学生が起業アイデアをプレゼン & ビジネス試作品作成:あんとれサンデー3日目

こんにちは、大林プロフィールはこちらです。

子供向け:起業体験ワークショップ「あんとれサンデー」も、いよいよ3日目になりました。

3日目は、いよいよ、参加者各自が好きなことを形にしていく段階に入りました。

今日は、その様子をご紹介します。

第3回目の様子

最終回のプレゼンで使う紙芝居(プレゼン資料)を発表

あんとれサンデーの最終日には、大人の前で、小学生たちが「私は、こんなビジネスをやってみたい!」と発表(プレゼン)します。

その際に使うプレゼン資料(紙芝居)を作ってくるのが、前回2日目の宿題でした。

今回3日目は、このプレゼン資料(紙芝居)を、参加者全員の前で発表するところからスタート。

プレゼン資料(紙芝居)を、皆の前で発表

実は、このプレゼン資料(紙芝居)の流れにも、コツがあります。

聴衆に刺さるプレゼンにするには、大まかに、以下のような流れになっているのがベターです。

流れ1 私はこんな夢がある。
こんなことを実現したい。
こんな問題を解決したい。
流れ2 そのために、●●があると解決できる
⇒ 私は●●を作りたい
流れ3 私が作る●●はこういうもの、こんな特徴がある。
今までの●●とここが違う
流れ4 私の●●があったから、困ってるみんなが、こんなにハッピーになる。

例えば、「靴屋さんになりたい」という子供がいたら、プレゼン資料は、以下のような感じになります。

流れ1 足が大きい女性は、可愛い靴がなくて困っています。
私のママも、その1人です。
流れ2 私は、そういう「足が大きい女性」向けの、可愛い靴を作りたいです。
流れ3 普通のお店は、大きくても24cmくらいしかサイズがありません。
私のお店は、それ以上のサイズ専門です。
オーダーメイドもできます。
流れ4 この靴があれば、足が大きい女性もオシャレに、ハッピーになれます。
お出かけや仕事、結婚式などのパーティーが、もっと楽しくなります。

あんとれサンデーに参加してくれた小学生たちも、各自の好きなことを、上手く紙芝居に落とし込んでいました。

ビジネスのプロトタイプ(試作品)を作ってみよう!

3日目の後半は、いよいよ自分の手を動かしながら「ビジネスのプロトタイプ(試作品)を作る」という取り組みをしました。

例えば、

  • お店を出したいなら、そのお店の模型を作ってみる
  • 何かしらの商品を作りたいなら、紙やダンボールで、試作品を作ってみる
  • アプリを作りたいなら、アプリの動作画面のモックアップを絵に描いてみる

といった感じですね。

ビジネスのプロトタイプ(試作品)を作ってみよう!

参加してくれた小学生たちも、この日のために、「どんな材料が必要か?」を考え、思い思いの材料を持ってきていました。

好きを仕事にするメリット×3を、改めて感じました

この3日目の子供たちの様子を見て、講師の立場として、あらためて「好きなことを仕事にするメリット」を感じました。

好きなことを仕事にするメリット×3

(メリット1)努力している気がなくても、どんどん成長できる

自分の好きなことに取り組んでいる時、その人には、「努力している」という感覚がありません。

純粋に「楽しんでいる」だけです。

例えば、今回の参加者の中に、「洋服のデザイナーになりたい女の子」がいたのですが…

その子の描くデザインはすごく上手!

お母さんに話を聞いてみたところ、「家でもよく描いています」とのこと。

好きなことは、強制されなくても、自分でどんどん取り組んで、成長していけるものです。

私が好きな格言に、こんなものがあります。

天才とは、蝶を追っていつの間にか山頂に登っている少年である

これは、アメリカの作家:ジョン・スタインベックの格言ですが、まさにその通りだな、と感じました。

(メリット2)アイデアがどんどん湧いてくる

好きなことは、アイデアがどんどん湧いてきます。

例えば、今回参加してくれた小学生の中に、「猫カフェのついたホテルをやりたい」という子がいます。

ブレストしていたところ、「猫カフェにいる猫を、ホテルの部屋に連れて行って、飼っているシーンを体験できる」というアイデアが出てきました。

猫を飼いたい人は、「実際に飼った時に、どんな感じなのか?を体験したい」ニーズがあります。

そのニーズに応える、素晴らしいアイデアですよね。

こういったアイデアは、好きじゃないとなかなか出てきません。

(メリット3)自己肯定感が高まる

好きなことは、どんどん上達します。
集中して取り組めます。

結果、「1つのことをやり遂げた!」という達成感を味わうことができます。

この「やり遂げた!」「自分にもできた!」という気持ちが、自己肯定感を高めてくれます。

自己肯定感が高ければ、自分で進んで、いろいろなことにチャレンジできるようになります。

これは、勉強やスポーツ、将来的には仕事の面においても、その子の土台になってくれます。

今回の宿題は、「4P」を考えてくること

さて、今回の宿題は「4P」を考えてくることです。

「4P」というのは、マーケティングでよく使われる言葉で、以下の4つの頭文字を取ったものです。

Product
プロダクト
「他と違うところ」は何?
Place
プレイス
「どこで」売る?
「どこに」お店を出す?
Promotion
プロモーション
「どうやって」売る?告知する?
自分がターゲットにしているお客さんに知ってもらうには?
Price
プライス
「いくら」で売る?

4Pがあることで、「好きなこと」が「ビジネス」に進化する

当たり前ですが、「ただ好きなだけ」では、趣味にはなっても、ビジネスにはなりませんよね。

この4Pを考えることで、好きなことが、ビジネスへと進化していきます。

皆が、どのようにこの宿題に取り組んできてくれるのか?

次回がとても楽しみです。

まとめ

好きなことをしている時、人は最高に輝いています。

「好きなことをしている時、その人は最も世の中に貢献できる」とも言えます。

これは、子供だけではなく、大人も同じです。

  • 好きなことに全力で取り組めて、本人もハッピー
  • それによって世の中に貢献できて、周りもハッピー

このあんとれサンデーを通じて、そんな世の中に少しでも近づけたらいいな。

そう感じています。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*