「Passion Class」子供が好きなことに熱中できる教室

子供の"好き"を伸ばす教室 @柏たなか&柏の葉キャンパス

子供向け:起業体験ワークショップ「あんとれサンデー」4日目の開催レポート

子供向け:起業体験ワークショップ「あんとれサンデー」4日目の開催レポート

こんにちは、大林プロフィールはこちらです。

子供向け:起業体験ワークショップ「あんとれサンデー」の、4日目の開催の様子をシェアします。

前回3回目で、ビジネスのプロトタイプを作って、やりたいことが形になってきました。
どんどん楽しくなってくる段階と言えます^^

この4日目では、

  • ビジネスを形にしていくためのステップ
  • マーケティング的な考え方

についても学び、プレゼン資料に落とし込んでいきました。

あんとれサンデー:4日目にやったこと

「ビジネスを形にしていくためのステップ」を考えてみよう

ビジネスは、いきなり最終形態には辿り着けません。

いきなりゴールを目指そうとすると、

  • 大きな資金が必要になる
  • そもそも、ニーズがあるか分からない
  • 失敗した時のダメージが大きい

などのリスクがありますよね。

そこで、MVPという考え方を伝えました。

MVP(Minimum Viable Product)とは?

MVPとは、以下のような意味合いです。

MVP(Minimum Viable Product)とは?

顧客に価値を提供できる、最小限の商品・サービスのこと

MVP(Minimum Viable Product)とは?

簡単に言えば、「まずは、小さく始めて、上手くいったら大きく育てていこう」ということです。

MVPには、以下のようなメリットがあります。

  • 少ない資金・時間でテストできる
  • 顧客のニーズが掴める(フィードバックを得ることで、改善点が見つかったり、さらなるアイデアが生まれたりもします)
  • 比較的早く収益化できる

分かりやすいように、例を挙げてみましょう。

「靴屋さんになりたい!」場合のMVP

例えば、ある子が「靴屋さんになりたい!」とします。

その場合、いきなりショッピングモールなどに出店しようとすると、相当な資金が必要になります。

(出店費用だけで、少なくとも1000万円くらいはかかりますし、毎月の家賃もあります)

そこで、例えば以下のようなMVPからスタートするわけです。

実店舗を出す前に、ネットショップで売る ネットショップなら、BASESTORESなどの無料制作ツールで、簡単に作れます。
(売れたときだけ、お金を払えばいい仕組みです)

また、インスタグラムなどを活用すれば、広告宣伝費も無料です。

デザインだけを売る 靴のデザインがしたいなら、わざわざ自分で靴を作れなくてもOKです。
「靴を作る技術はあるが、アイデアがない」という人に、靴のデザインだけを売ればいいのです。
時間を売る タイムチケットなどを活用すれば、「時間を売る」こともできます。例えば、「靴を含めた、トータルコーディネートのファッションアドバイスをします」「靴のデザインが欲しい方向けに、オリジナルでデザインします」的な売り方もできます。

上記のようなMVPからスタートすることで、多額のお金をかけることなく、徐々に売れていく。

そして、資金が貯まったら、あらためてその段階で店舗を構えればいいのです。

MVPと4Pを紙芝居に落とし込もう

あんとれサンデー最終日のプレゼンに向けて、上記で考えたMVPと、第3回目の宿題だった4Pを、プレゼン資料(紙芝居)に落とし込みました。

MVPと4Pを紙芝居に落とし込もう

4Pのようなマーケティング要素が入ることで、ますますリアルになっていきます。

例えば、「靴屋さんになりたい!」という子供なら、4Pは以下のようになります。

Product
プロダクト
足の大きい女性向け
Place
プレイス
最初はネットショップで売る。
売れてきたら実店舗をかまえる。
足の大きい女性は、自分で探そうとするはずなので、路地裏などでも大丈夫かも?そのほうが家賃もおさえられる。
Promotion
プロモーション
インスタグラムで、靴を作る過程や、完成物も紹介する。スポーツ選手には、背が高い人が多いかも。そういう人にプレゼントして、履いてもらって、インスタグラムとかに上げてもらう。
Price
プライス
少し高めでもOKかも?

そして、プレゼン資料(紙芝居)に落とし込むと、次のようになります。

前回3回目のプレゼン資料をベースに、さらに改善)

流れ1 足が大きい女性は、可愛い靴がなくて困っています。
私のママも、その1人です。
流れ2 私は、そういう「足が大きい女性」向けの、可愛い靴を作りたいです。
流れ3 普通のお店は、大きくても24cmくらいしかサイズがありません。
私のお店は、それ以上のサイズ専門です。
オーダーメイドもできます。
流れ4(ここにMVPや4Pを追加) 最初は、ネットショップで販売します。
インスタグラムで、靴を作る過程を紹介したり、商品を紹介します。
スポーツ選手などにプレゼントして履いてもらって、SNSで紹介してもらいます。

ネットショップで売れるようになってから、実店舗を開きます。

流れ5 この靴があれば、足が大きい女性もオシャレに、ハッピーになれます。
お出かけや仕事、結婚式などのパーティーが、もっと楽しくなります。

MVPと4Pが入ることで、夢物語だったものが、現実味を帯びてきますよね。

宿題:プレゼンの練習をしてこよう

この4日目の宿題は、「最終日に向けて、お家で、プレゼンの練習をしてこよう」です。

宿題:プレゼンの練習をしてこよう

あんとれサンデー最終日には、大人の前で、小学生たちが自分のビジネスをプレゼンします。

ただ、多くの小学生は、プレゼンテーションの経験がありません。

人前で話すだけでも緊張してしまう子もいますよね。

そこで、「プレゼンのコツ」を伝えました。

①前をむいて話そう 聞きに来てくれる人は、みんな、あなたの話が聞きたくて来ています。
つまり、あなたのことが大好きな人ばっかりです。
前を向いて、自信を持って、堂々と話しましょう!
②大きな声でゆっくり話す あなたはビジネスのことをよく分かっていても、聞きに来てくれる人は、初めて聞くお話です。
なので、大きな声でゆっくり話してあげよう。
③味方にむかって話す 会場には、すごく感心してウンウンうなずいてくれる人と、まったく反応しない人がいます。笑
反応してくれる人は、ずばり、あなたの味方です。
その人に向かって話すと、緊張せずに楽しく話せます。
④身振り手振り 模型を指さしたりすると、分かりやすくてGoodです。
⑤朝晩1回ずつ練習する(流れをおぼえちゃう) 部分で練習するのではなく、通し練習を何度もやりましょう。
「上手に話そう」と思わなくていいです。
何度もやっていれば、勝手に流れを覚えて、上手くなります。

会場でも少しプレゼンの練習をしてみました。

小学生たちが、プレゼンの練習

このコツをおさえて、みんな頑張って!

まとめ

次回は、いよいよ最終日。

これまで準備してきたことをお披露目する、集大成の場になります。

小学生5人みんなが、当日を楽しんで終えられますように…!

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*